いま世界で最も影響力を持つ10のTikTokアカウント

はじめに

TikTokは中国のByteDance社が開発運営しているモバイル端末向けショートビデオプラットフォームです。米市場調査会社App Annieの報告によると、このアプリはFacebookやInstagramを抜いて、2020年最もダウンロードされたアプリに選ばれたようです。

こうしたショートビデオプラットフォームの市場争いは年々激しさを増しており、これは2020年8月にInstagramがTikTokに酷似した新機能”リール”を発表したり、シンガポール発の短編動画専門アプリ”Likee”が最新のグローバルダウンロードランキングで8位にランクインしたことからも窺えます。TikTokとInstagramリールの争いについては別の記事にまとめているので興味がある方は是非そちらも参照してください。

TikTokユーザーの半数近くはいわゆるZ世代ですが、とはいってもこのプラットフォームには現在ミレニアル世代、X世代、ブーマー世代など、幅広い世代がこぞって参加しつつあります。TikTokにおけるZ世代の人口比率はまだまだ大きいですが、これは今後数年以内に覆る可能性さえあるでしょう。 

既に10億人を越えるアクティブユーザーからの支持を獲得出来る可能性があるため、ブランドはTikTokクリエイター、いわゆるTikToker、を活用したキャンペーンを拡大し始めています。 という訳で、今回はブランドが知っておくべき今最もホットなTikTokerをまとめました。

1.Charli D’Amelio (チーャーリー・ダミリオ):1億2,400万フォロワー
Charli D’Amelioは2020年11月、1億フォロワーを達成した最初のTikTokアカウントになりました。彼女は2019年6月にTikTokで投稿をはじめ、主にダンス動画によって人気を獲得しました。彼女は1動画あたり平均2700万回の再生回数を保持し、100億近くのハートを獲得し、広告付きの投稿には1動画あたり約30万ドルが支払われています。

ニューヨークタイムズやワシントン・ポストによって「Z世代の女王」「TikTokの支配者」と呼ばれる彼女ですが、2020年には映画『StarDog and TurboCat』で声優デビューを果たすなど、その活躍はTikTokの領土を超えつつあります。

@charlidamelio

dc @karaleighcannella

♬ Grape Jelly – Big Homie Ty.Ni & KyleYouMadeThat

2.Khabane Lame (カベンネ・ラメ):1億930万フォロワー
Khabane Lameは、イタリアを拠点とするセネガル出身のTikTokerです。彼は、コロナウイルスの影響で工場での仕事を失った後、2020年3月にTikTokを開始しました。彼は主に”単純な作業をわざわざ複雑に行う人々を皮肉る動画”を投稿しており、それを面白がったユーザーがハッシュタグ「#KhabyLamae」を使い、「単純な作業をわざわざ複雑に行う動画」を投稿しまくったことで絶大な成功を手に入れました。

彼はニューヨークタイムズの取材で「世界中の人々を笑わせるのが私の生きがいです」と語っており、初期は主にイタリア語でのみ投稿を行っていましたが、現在では英語、ドイツ語、アラビア語、ポルトガル語、スペイン語など様々な言語でコンテンツを提供しています。

@khaby.lame

??‍♂️??#learnfromkhaby #learnwithtiktok #imparacontiktok

♬ suono originale – Khabane lame

3.Addison Rae (アディソン・レイ):8,400万フォロワー
Charli D’Amelioと同様に、Addison Raeもまたダンス動画によって人気を博しました。2020年8月、Adisonの投稿したWAPダンスは160万回で史上最もシェアされた動画になりました。

彼女はCoverGirl、Skechers、Bounty、Chipotle、Reebok、AmericanEagleなどの数多くの企業とパートナー関係にあり、その影響で2020年最も収益を上げたTikTokスターに認定されています。

2021年3月、シングル『Obsessed』で音楽のキャリアをスタートさせた彼女は、その後もコンスタントにオリジナルのMVを公開するなど今後は音楽面での活躍も期待されています。

@addisonre

@tracy.oj

♬ Need To Know (pitched down dance) – xxtristanxo

4.Bella Poarch (ベラ・ポーチ):8,110万フォロワー
Bella Poarchは2020年8月、Millie B『Soph Aspin Send』のリップシンクで、一躍スターダムを駆け上がりました。この動画は5,100万以上のハート、6億2,660万以上の再生数を記録し、TikTokで最も人気のある動画の一つとして数えられています。

フィリピン系アメリカ人である彼女は反アジア人差別の考えを公に表明しており、見た目が原因で幼少期にいじめに遭ったことをVOGUEでカミングアウトしています。また、他の多くのTikTokスターと同様に、彼女もまた音楽への興味を示しており、2021年5月にはデビューシングル『Build A Bitch』を発表しました

@bellapoarch

To the ? ? ? #fyp

♬ M to the B – Millie B

5.Zach King (ザックキング):6,370万フォロワー
Zach Kingは動画編集スキルで人気を獲得したTikTokスターです。2016年にサービスを終了したvineにも彼は熱心に動画を投稿しており、そこでのファンがTikTokの初期のキャリアで大いにサポートしてくれたと語っています。彼は現在、最も視聴された動画のタイトルを所有しており「ホウキの錯覚」は21億以上の再生回数を記録しています。

また、彼の類まれな動画編集スキルは、Selena GomezやMarshMelloなど多くの有名人とのコラボレーション、およびSONYやAmazon、Universal Orlando Resortなど数々のパートナー関係をもたらしました。

@zachking

They rejected my application to Hogwarts but I still found a way to be a wizard. ?#illusion #magic #harrypotter

♬ Zach Kings Magic Broomstick – Zach King

6.Will Smith (ウィル・スミス):6,040万人フォロワー
アメリカを代表するドル箱俳優Will Smithは2019年にTikTokに参加しました。彼のTikTokの特徴は「もはや映画」と称賛されるほどレベルの高い編集や無駄のない構成にあります。

動画ではJason DeruloやJimmy Fallonなどアメリカを代表するセレブも数多く出演しており、彼の華々しい交流関係が窺えます。

@willsmith

COMIN’ IN HOT!! Thanx for the lift @calebnatale ?? #loop #loopchallenge

♬ Coming In Hot – Andy Mineo & Lecrae

7.Dixie D’Amelio(ディキシー・ダミリオ):5,500万人フォロワー
Dixie D’Amelioは上述したCharli D’Amelioの姉です。ボーイフレンドや友人が出演することも多い彼女の動画は、その親しみやすさで強力なファンダムを築き、世代のオピニオンリーダーとして活躍しています。また、2020年に彼女はHit Co Entertainmentとレコード契約を結び、『Be Happy』で歌手デビューもしました。

現在彼女はYouTubeで「The Early Late Night Show」というトークショーを主催しており、これは現代のアメリカの女子中高生にとって一種のバイブルになっています。

@dixiedamelio

i promised a dancing tiktok to a special girl today?

♬ What You Know Bout Love – Pop Smoke

8.Spencer X (スペンサーナイト):5,460万フォロワー
SpencerXは2019年の初めにTikTokに参加し、ビートボックスの高速スキルで人気を獲得しました。中学生で音楽のキャリアをスタートさせた彼は、パーカッションやトランペット、ベースなど幅広い楽器に触れてきました。後のインタビューで彼は、そうした経験がビートボックスを行う上で大きな影響を与えていると語っています。

音楽への情熱に熱い彼は、Alicia KeysやSean Kingston、Russ、Marshmelloといった著名なアーティストとのコラボレーションも頻繁に行っています。

@spencerx

Fast Invisalign beatbox ???

♬ original sound – Spencer X

9.Loren Gray (ローレン・グレイ):5,400万人フォロワー
Loren Greyは2019年3月から2020年3月まで、TikTokで最もフォローされていたクリエイターでした。彼女は音楽、ダンス、演技など幅広い才能を有し、TikTok以外の様々な分野でも活躍しています。

彼女は2017年にポップシンガーHRVYの『Personal』のMVに出演した他、2018年にシングル『My Strory』で歌手デビュー、2020年には独自のジュエリーブランド「&always」を立ち上げました。

@lorengray

i’m ok where i am i think

♬ I saw the sign – quinn.io

10.Michael Le (マイケル・リー):4970万人フォロワー
TikToker兼ダンサーとして活動するMichael Leは、そのオリジナリティ溢れるルックスと愛らしい性格、そしてその一流のダンス技術で今最も急速にフォロワーを増やしている一人です。彼が拡めたハッシュタグ「#TuttingChallenge」はTikTokはもとより、Z世代の間でTuttingが文化として定着するのに一役買いました(Tuttingとは指をメインに使ったダンスのジャンル)。

彼のスポンサーにはマクドナルド、インビザライン、アマゾンが名乗りを上げており、今後最も活躍が期待されるTikTokerと言えるでしょう。

@justmaiko

in honor of today, heres my first ever challenge that went viral?? #jmtuttingchallenge #featureme

♬ Justmaiko Tutting Challenge Musically Day – Michael Le

結論として
1番の人気者は?
最も多くのフォロワーを獲得しているのはTikTokerはCharliD’Amelioです。彼女は現在、プラットフォーム上に1億2,400万人のフォロワーと、100億近くのハートを稼いでいます。

今回紹介したTikTokerは以下の通りです。

  1. Charli D’Amelio (チーャーリー・ダミリオ):1億2,400万フォロワー
  2. Khabane Lame (カベンネ・ラメ):1億930万フォロワー
  3. Addison Rae (アディソン・レイ):8,400万フォロワー
  4. Bella Poarch (ベラ・ポーチ):8,110万フォロワー
  5. Zach King (ザックキング):6,370万フォロワー
  6. Will Smith (ウィル・スミス):6,040万人フォロワー
  7. Dixie D’Amelio(ディキシー・ダミリオ):5,500万人フォロワー
  8. Spencer X (スペンサーナイト):5,460万フォロワー
  9. Loren Gray (ローレン・グレイ):5,400万人フォロワー
  10. Michael Le (マイケル・リー):4970万人のフォロワー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA