いま最もアツいHyperpopについて

Hyperpop(ハイパーポップ)とは、EDMやトランス、ヒップホップを組み合わせた現在最も注目を集めていると言っても過言ではない音楽のジャンル及びその周辺のカルチャーを指す言葉です。この新しい音楽のジャンルは、耳を割るような混沌とした産業ノイズ、過度に加工が施されたボーカル、場違いなくらい甘いメロディーのクレイジーな融合によって成り立っており、一見(一聴)したところその余りにふざけた多様でカオスな要素はあなたを戸惑わせるでしょう。それでも、その斬新なサウンドは多くの人を魅了しており、実際にハイパーポップを代表するアーティストのひとり、100 Gecsの代表曲『Money Machine』のトップコメントには、「これは私が今まで聴いた中で最も最悪の曲です。でも、大好きです」と書き込まれています。

この新しい音楽のジャンルは特に日本の一部の女子高生の間で爆発的に支持を拡げているようで、後述するSTARKIDSやYokai Jakiは特定のコミュニティにおいて神格化さえされています。それはまるで一昔前で言うヴィジュアル系バンドと熱心なバンギャに近い関係で、良くも悪くも感性が独特な学生が自らの独自性を強調するために特にSNSで支持を表明している印象を受けます。

産まれて間もないこの”Hyperpop”がどういった音楽なのかを明確に特定するのはまだ難しいですが、特筆すべき特徴はLGBTQコミュニティとの強い結びつきです。ジャンルとしての明確な慣習や法則が完全に整備されていないため、アーティストは通常では有り得ない過度なボーカルのピッチシフトによって性別の限界を超越し、独特な自己表現の機会を得ています。こういった背景からLGBTQコミュニティの人々から支持を表明されるアーティストも多く、特にジャンルの黎明期においてはその隆盛大きな影響力を与えてきました。また、実際に同性愛者であることを表明したり、性別を表向きには公表していなかったりするアーティストも多く、そういった寛容性が多様性を重んじる10代の心に刺さったと主張する評論家もいます。

一方でSpotifyも2019年にいち早く公式のプレイリストを公開し、このジャンルの飛躍に尽力しました(このプレイリストには100 Gecs、Slayyyter、Gupiなど、後にこのジャンルを代表する有名アーティストが取り上げられていました)。その成果もあってか、2020年8月にはカナダのアーティストElyOttoによる『SugarCrash!』がTikTokで歴史的なヒットを記録し、一気に世界中の若者へと”Hyperpop”が普及されました。

ビジュアル
多くのハイパーポップアートでは、レイアウトが非常に複雑化しています。多くは多種多様なアートスタイルの組み合わせによって生成されており、特に日本のポップカルチャーに影響を受けたものが多く見受けられます。これについて米国の音楽評論家Noah Simoneは「Maltine Recordsなどのネットレーベルとともに、日本生まれのビデオゲーム音楽がハイパーポップに大きな影響を与えています。また、主に中田ヤスタカのPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅも同様と言えるでしょう。と同時に、それらに隣接したアニメが特に重要な影響を与えてきました。」と語っています。

画像1
画像2

ファッション
ハイパーポップのファッションは光沢のある華美な服、派手な髪色や過度な化粧(男女関わらず)によって構成されます。ハイパーポップの母であるチャーリーXCXは、ニューヨークファッションウィークの贔屓的アーティストであり、2020年にはメットガラへの出演も果たしました。彼女は音楽的にも、そしてファッション的にも、このジャンルの限界を押し広げ続けており、その独特なファッションスタイルから彼女を「Z世代のファッションアイコン」と呼ぶ声さえあります。

画像3
画像4

おすすめの日本人アーティスト
では最後に、この日本から世界へ羽ばたく可能性のあるハイパーポップアーティストと彼らの楽曲を紹介したいと思います。ハイパーポップはそのルーツ上、多くのアーティストがマーケティング的な要素は度外視で純粋に音楽の良さだけを求めている場合が多く、実際にYouTubeよりSoundCloudがコミュニティの本拠地になりがちです(場合によってはSoundCloudにさえ自身の楽曲を公開していないアーティストも少なくありません)。

才能豊かな彼らの楽曲を知り支持を表明することで、その周辺に跨る様々なコミュニティへのサポート、ひいてはポップカルチャー全体に良い影響を与えられると確信しています。ここまでお読み頂きありがとうございました。

old me – tahiti x spaceboy x benxni 「prod. nejdos」

STARKIDS – Make It Loud

Levi – Sorrow <哀愁> ft. Jinno(p.xmichaelwarren)

Yokai Jaki / CHUCK! (Dir.NaniwaEizo)

hirihiri & Yaca – power! 

Revenge – (feat.Edward(我)& Rirugiliyangugili)

S亜TOH – neverland feat.lil beamz &  Lil Soft Tennis

Dr.Anon – Blast

Space Boy, BENXNI, Lil Roar – 3NUTS

EXCEPT?? -[€uffboi + cyber milk,ibu&izolma]

マイクタイソン (feat.Rirugiliyangugili) prod. :3

Mayday feat. Yokai Jaki (prod. SAKURA SAVAGE)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA