K-POPによるTwitterの支配

現在K-POPアーティストとそのファンはTwitterを支配しています。ほぼすべてのK-POPアーティストが毎日大量にTwitterを更新しており、世界中のファンはその団結力で彼らのアカウントを支えています。その証拠に、2020年7月1日から2021年6月30日までの近年のK-POPに関するツイート数は75億件という俄かには信じ難い記録を打ち立てています。

画像1

K-POPについて最もツイートしている国

世界中のファンが分け隔てなく交流できるTwitterでは、ファンが互いに繋がるにつれてそのボルテージは高まっていきます。インドネシア、フィリピン、タイ、韓国、米国はK-POP関連のツイート数が最も多い国のトップです。

画像2


TwitterでK-POPファンが最も多い国

アジア太平洋から南アメリカに至るまで、K-POPのコミュニティは世界中で成長を続けています。特にK-POPの誕生の地、韓国とは地球の真反対にあたるペルーやコロンビアでの急激なファンコミュニティの成長は特筆すべき事実でしょう。

画像3


最も言及されているK-POPアーティスト

以下はTwitterで最も言及されているK-POPアーティストのトップ20です。

①BTS(@BTS_twt)
②NCT(@NCTsmtown)
③BLACKPINK(@BLACKPINK)
④EXO(@weareoneEXO)
⑤TREASURE(@treasuremembers)
⑥TOMORROW X TOGETHER(@TXT_members)
⑦ENHYPEN(@ENHYPEN)
⑧GOT7(@ GOT7Official)
⑨TWICE(@JYPETWICE)
⑩SEVENTEEN(@ pledis_17)
⑪ATEEZ(@ATEEZofficial)
⑫Stray Kids(@Stray_Kids)
⑬THE BOYZ(@WE_THE_BOYZ)
⑭Red Velvet(@RV_smtown)
⑮MONSTA X(@OfficialMonstaX)
⑯iKON(@YG_iKONIC)
⑰IZ * ONE(@official_izone)
⑱DAY6(@ day6official)
⑲ASTRO(@offclASTRO)
⑳SHINee(@SHINee)

昨年8月にデビューした新人TREASURE(@treasuremembers)は、その偉大な先輩が残した功績と期待、彼ら自身の否定しようのない実力でリストの5位に急浮上しました。2020年8月以来、TREASUREはTwitterでファンと積極的に関わりながら半年で既に4度の#TwitterBlueroomライブQ&Aセッションを実施しています。同様に、昨年11月下旬にデビューしたばかりのENHYPEN(@ENHYPEN)も7位にランクしています。

各K-POPアーティストの最も話題を呼んだツイート

(期間:2020.07.01〜2021.06.30)

また、TwitterのBlueroom LIVE機能は、これまでにない方法でアーティストとファンを結び付けています。Blueroomはファンがアイドルに対してロイヤリティを高めるための独占インタビューや質問コーナーを提供することで、世界中のファンとアーティストを親密な絆で繋ぎ続けています。最もホットなK-POPグループの一つであるITZYは、Q&Aをメインコンテンツに据えたLIVE配信を行い、100万人以上の同時視聴者数を獲得し話題を呼びました。


彼らの肌の色が何色であろうと、どんな言葉を話そうと、K-POPファンはお気に入りのアーティストについて話し、交流しています。その結果2021年、K-POPはかつてないほど成長しましたが、こうした文化的地殻変動は多くの社会的不和さえ良い方向へ導いてくれるのではないかと私は考えます。

SpacesからBlueroomまでK-POPアーティストは常に新しい変化に対応し、最善の方法でファンを魅了してきました。今後もアーティストやそのレーベルが知恵を絞り、K-POP、ひいてはアジア文化隆盛のために多くの優れたコンテンツを発信していくことを期待しましょう。

K-POPによるTwitterの支配”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA