K-POP世代別Twitter分析

はじめに

昨今K-POPの勢いは益々激しさを増しています。この記事では主に、第3世代と第4世代に分類されるK-POPアーティストのTwitterへの取り組みの違いを分析しました。結論を述べると、第4世代のK-POPアーティストはTwitterを通じて世界中のファンと積極的にコミュニケーションを行う傾向があり、実際にデビュー後早い段階で海外進出を行うケースが目立っています。

この記事では主に、第2世代から第4世代に分類されるK-POPアーティストのTwitterへの取り組みの違いを分析しました。以下は、2021年5月1日時点で30万人以上のTwitterフォロワーを持つ69のK-POPアーティストを調査し、分析した結果です。                    ※H.O.T、Sechs Kies、SES、Fin.KLといった第1世代のほとんどのK-POPアーティストはTwitterのリリース前にデビューしており、現在Twitterまでアカウントを持っていないため、このデータ分析からは除外しています。

この調査には、次のアーティストが含まれています。


第2世代:

東方神起スーパージュニア少女時代SHINee2PMなど

画像5

第3世代:

EXOBTSGOT7MAMAMOORedVelvetMonstaXSEVENTEENTWICENCTBLACKPINKなど

画像6

第4世代:

StrayKidsGIDLEATEEZITZYTOMORROW X TOGETHERTREASUREaespaENHYPENなど。

画像7

第4世代

第4世代のK-POPアーティストは、公式デビューする前の平均ツイート数が323ツイートで他の世代と比べて突出しています。また、第4世代はそれ以前の世代よりも平均して9ヵ月早く最初の海外向けアルバムをリリースしており、これらはTwitterを通じて効率良くハイピッチに海外のファンを獲得出来ている可能性を示唆します。

画像1


K-POPアーティストのファンとのコミュニケーション方法は、K-POP業界やメディアの発展に伴って変化してきました。第1世代と第2世代はファンカフェなどの閉じたコミュニティを通じてファンとコミュニケーションを行ってきました。一方で第3世代以降は、Twitterをはじめとするグローバルに展開されたSNSを通じてファンとコンテンツを共有し、LIVE配信やリプライの飛ばし合いを通じて幅広いファン層とのコミュニケーションを行っています。

韓国の芸能事務所にはこうしたSNSマーケティングに特化した専門チームがほぼ例外なく存在しており、洗練されたマーケティング手法を展開すると同時に、日々最新の動向をチェックしています(TwitterのFleetsやSpacesといった新機能もK-POPアーティストはリリースと同時に完璧に使いこなし、ファンとのエンゲージメントを高めることに成功しています)。

Twitterの使用に関しては特に次の分野で各世代に明らかな違いがあります。

1日あたりのツイート
Twitterがリリースされる前に活動していた第1世代を除くと、K-POPアーティストの世代別ツイート数の平均は以下の通りです。

第2世代:1.2ツイート/日
第3世代:3.5ツイート/日
第4世代:7.0ツイート/日

第4世代は第2世代の5.8倍、第3世代の2倍のツイートを行っています。

最初のツイート

最初のツイートを公式デビュー日と比較すると、以下の事実が浮かび上がります。

第2世代:1,154日目 (3年以上)
第3世代:132日目(4ヶ月以上)
第4世代:116日前(4か月以上)

公式デビュー以前にTwitterを更新し始めたのは第4世代以降の動きであり、それ以前の世代ではデビュー後最初のツイートを行うまで数ヶ月から数年の時差がありました。また、アーティストのデビューから1年間のツイート数を分析しても世代間で大きな違いが見られます。多くの第2世代および第3世代はデビュー前にツイートは投稿せず、デビュー後にツイートの量を徐々に増やしていきました。

ただし、注目すべき例外はBTSです。BTSはデビューの6か月前の2012年12月にTwitterアカウントを開設し、世界中のファンと積極的にコミュニケーションを始めています。

ATEEZ、THE BOYZ、ENHYPEN、Stray Kids、TOMORROW X TOGETHER、TREASUREなどの第4世代はデビューの数か月前にTwitterアカウントを開設し、ファンとの交流を始めています。平均して第4世代は第2世代及び第3世代と比較して、デビュー前に平均323の圧倒的な凌のツイートを行い、デビュー前でも平均して562,377人のフォロワーを蓄積しました。

グローバルコンテンツ

第4世代は、他の世代よりも早くTwitterを介して世界中のファンと交流を始めるだけでなく、平均してそれ以前の世代よりも早く世界中のファンにコンテンツをリリースしています。実際に第4世代は第3世代よりも平均して9か月早く最初の海外アルバムをリリースし、13か月早く最初の海外コンサートを開催しています。

これは第3世代であるBTSが世界中に存在するARMYとリアルタイムで親密な会話を交わし短期間で世界的な成功を収めた結果、多くの第4世代がこの計策を模倣していることに因ります。実際Twitterを介した世界中のファンとの直接的なコミュニケーションはK-POPアーティストとって成功の重要な秘訣となっており、THE BOYZ、Stray Kids、ATEEZ、TOMORROW X TOGETHER、GIDLE、ITZY、TREASURE、ENHYPEN、aespaなどの第4世代は、デビュー前からTwitterをアクティブな交流チャネルとして使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA